FOR MOTORCYCLE USERS -------------主に、ヴィンテージ・ヘルメット関連
by Custom-Junkie
70's BELL RT Custom Jim Goose Rep
No.004

今回のカスタムは、映画「MAD MAX」に登場するMFPパトロール「ジム・グース」隊員のヘルメットです。
b0152341_16295755.jpg
ベースは、BELLヘルメットのNo.008で紹介した70年代のオープンフェイスRTを使用します。
b0152341_16314317.jpg
映画で使用されているオリジナルは、おそらくシルバーが標準カラーにラインナップされているマグナムもしくはスーパー・マグナムではないかと思われますが、RTが安価で入手できましたのでそれを使用しました。
b0152341_16352382.jpg
標準カラーにシルバーが存在しない為(今まで見た事がないだけかもしれませんが…)塗装を施しました。
b0152341_16373645.jpg
今回、グース・レプリカを製作しようと思ったきっかけは、以前、レプリカヘルメットが、販売されていましたが(販売元のサイトを見ましたが、現在は販売されてい無いようです)、当然新品の現行品で作られた物ですので、ヴィンテージ・ヘルメット派の私としては、映画公開当時の物でより実物に近い物を、より安価で製作できないかと思い製作してみました。
b0152341_1711263.jpg
上の画像が映画で使用されたオリジナルのヘルメットです。
私の推測ですが、オリジナルはベースがBELL MAGNUMもしくはSUPER MAGNUMのシルバーで、内装が黒。

今回は、70年代製BELL RTを使用eBayにて$45で入手。

フリップアップシールドは、スナップボタンが黒という所と、シールド稼動部のパーツの形状からMXLのシールドではないかと思われます。
当時の純正メーカーポールソンは、この稼動部の形状も、スナップボタンも違う為に外しています。

今回、残念ながらMXL製品の入手には至っておらず、このパーツだけ国内メーカーの現行品を使用。

フェースガードは、パシフィコ社(現在も有るかは不明)のフェイスフェンダーと言う商品に間違いないと思います。

今回の使用品は、パシフィコ社フェイスフェンダーのオリジナルで、70年代のデッドストック品を使用しています。
以前、eBayにて$34.99で手入していた物です。

部品代トータルで1万弱で完成しましたが、塗装代と北米からの輸送費を考えると2万弱位は必要ですね…さらに必要な材料は手持ちを使用しましたので、新規に制作しようと思うなら3万円程度は見ておく必要があるでしょう、最大の難点は、上手い具合に欲しいパーツが入手出来るかに掛かっている為、もし製作しようと思うならば、ヴィンテージパーツを収集する為に長期の計画をお勧めします。
現に私もまだMXLのフリップアップ・シールドあきらめてませんから、当時物を探し続ける予定です。
[PR]
by custom-junkie | 2010-04-24 17:28 | カスタム | Comments(0)
<< BELL HELMET 70&... BELL HELMET 80&... >>