FOR MOTORCYCLE USERS -------------主に、ヴィンテージ・ヘルメット関連
by Custom-Junkie
70's BELL STAR III Custom XF-GP
No.003

カスタムヘルメットの第3回目は、70年代のBELL STAR IIIを使用したXF-GPレプリカヘルメットの製作を紹介したいと思います。
ベースのSTAR IIIは、当ブログのコレクションにも紹介しているものを使用します。
b0152341_2311815.jpg
勿体無いと言う意見もあるかとは思いますが、私は、あまりそう言う事は、気にならないタイプのようです…。

では、手順通りに、画像で紹介して行きます。
最初に、STAR IIIの単眼アイポートを、XF-GPの様な、複眼にしなければなりませんので、アイポートを、FRPにて、塞いでしまいます。
b0152341_2320358.jpg
この状態から、FRPで埋めた部分と、本体に生じた小さな段差などを、パテを使用して均一な面に成型します。
b0152341_2323426.jpg
その後、くりぬく複眼のアイポートの形状を、下書きします。
後は、この通りにアイポートの部分に、穴を開ければ、XF-GFレプリカのベースの完成です。
b0152341_23275529.jpg
次は、塗装の為の下地造りです。
サーフェサーを、数回に分けて塗り、ある程度の厚みを付け、耐水ペーパーで、面を均し下地完成です。
b0152341_2332154.jpg
今回は、コレクションのオリジナルのXF-GPが白ですので、レプリカは、黒に塗装する事にしました。
b0152341_23342452.jpg
これで、シェルが完成ですので、取り外したパーツ類を取り付けます。
b0152341_2337494.jpg
アイポートの縁ゴムは、ベースになった、STAR IIIの物を、2等分にし使用していますので、若干、無理やり取り付けている為、皺っぽくなっている所もありますが、さほど気には、ならないレベルだと思います。

シールドは、グランプリ社の70年代のデッドストックのコンペシールドを、2枚所有していましたので、その内の1枚で、簡易的な物を製作し、取り付けてあります。
b0152341_23435711.jpg
前後のBELLのトレードマークとモデルデカールは、STAR IIIのオリジナルを使用しています。
b0152341_23453942.jpg
サイドには、カスタムのNo.002で紹介した、「METAL BOX M30」の製作の際に、使用したスマイリーマークのデカール。
b0152341_23481750.jpg
こちら側には、Custom-Junkieのオリジナルデカール。
b0152341_23491555.jpg
後頭部には、レプリカのモデルデカールを製作して貼り付けてあります。

最後に、オリジナルXF-GPとレプリカを比べて見たいと思います。
b0152341_23542994.jpg
ご覧の様に、レプリカが若干、小ぶりですので、実使用には、最適なサイズだと思いますので、これからガンガン使うつもりです。

今回のカスタムヘルメットは、オリジナルが希少な為、普段使い用に製作してみようと思ったのですが、思いのほか、良い感じになり、満足出来るものになりました。
[PR]
by custom-junkie | 2009-09-05 23:12 | カスタム | Comments(2)
Commented by PAR at 2011-02-13 23:09 x
はじめまして。BELLSTARをいろいろと見ておりましたら、行き着きましたので、色々と、見させていただきました。そこで、気になった点が、あり、ご質問をさせて頂ければと思い、コメントさせていただきます。

当方、BELLSTAR120は所持しており、現在、BELLSTAR、or、BELLSTAR2の購入を模索しております。しかし、もともとはXF-GPに興味がありつつ、購入はあきらめておりました。そこで、こちらのカスタムを拝見させていただき、同じようなカスタムをお願いできないかと思いました。
もちろん、失敗しても失敗したヘルメットの破棄はいといません。
といっても、カスタムをお願いをすることは難しいでしょうか?

お願いをすることが難しければ、ご教授を頂けるのであれば、自分でもやってみたいと考えております。
Commented by custom-junkie at 2011-02-15 21:57
PAR様

コメントありがとう御座います。

以前も、同じ事を質問されたのですが、お断りしましたので、申し訳御座いませんが、今回もお引き受けする事は、ご容赦願います。

最大の理由は、当方、普通のサラリーマンですので、すぐに出来る物ならば、お引き受けしても構わないのですが、製作する場合、完成まで休日の時間を全て費やさなくてはならなくなってしまいます。

しかしながら、製作へのお手伝いでしたら、ご協力させて頂きますので、何時でもお気軽にご質問下さい。
コメント欄でも構いませんし、メールアドレスをご連絡頂ければ、そちらでのやり取りにて対応いたします。
<< BELL HELMET 60&... METAL BOX M30 R... >>